二日酔いのリスクを減らす3つのフルーツ

二日酔いのリスクを減らす3つのフルーツ

食べるだけ、ジュースとして飲むだけ
お酒に酔いにくくなるフルーツがあるんです!

 

飲む前には「柿」

 

柿

 

柿に含まれる渋み成分「タンニン」には
胃の粘膜を保護してアルコールの吸収を妨げる効果が。

 

その上、頭痛や吐き気など
二日酔いの原因のアセトアルデヒドの
分解促進効果も。

 

さらにさらに、
柿にはデヒドロゲナーゼという
アルコール分解酵素も含まれていて
タンニンとダブルでアルコールをブロック!

 

お酒を飲む30分前に、柿を3個たべると
お酒を飲んで1時間後の血中アルコール濃度が
低いという実験結果が♪

 

「飲む前に柿」ですね。

 

柿は生でも干し柿でも同様の効果あり
飲んだ後でも効果はありますよ。

 

飲んでいる最中には「トマト」

 

トマトジュース

 

トマトにはアルコールと二日酔いの原因アセトアルデヒドを
分解する酵素を活性化させる働きが。

 

(株)カゴメの実験では
お酒を飲みながらトマトジュースを飲むと
血中アルコール濃度が下がり、
身体に残るアルコールが3割減り、
体からアルコールが排出されるスピードも
約1時間早まるとのデータが。

 

実際のトマトでも同じ効果が得られますが、
ジュースの方が量をたくさん摂りやすいですね。

 

具体的には160mlのトマトジュース
3本程度飲むと効果が高いそう。
お酒のおつまみには

 

トマトを使ったサラダ、カナッペなどを選ぶ
トマトジュースで割ったカクテルを飲む等々、
お酒を飲みながらトマトを摂りましょう

 

飲んだ後には「グレープフルーツ」

 

グレープフルーツ

 

二日酔い解消に効くのが
ビタミンCとクエン酸です。
グレープフルーツはどちらも豊富にふくまれています。

 

また、グレープフルーツに含まれる
「フルクトース」という果糖が、
二日酔いの原因アセトアルデヒドを
水と二酸化炭素に分解する手助けを
水と二酸化炭素に分解される事で
体内にアセトアルデヒドは残らず、
二日酔いの心配もなくなる。

 

飲んだ後には
グレープフルーツを食べるか
グレープフルーツのジュースを!
ジュースの場合は果汁100% を選んでくださいね。

 

三種の神器ならぬ三種の果物

 

飲む前には「柿」
飲んでいる時には「トマト」
何だ後には「グレープフルーツ」

 

柿以外はジュースがあるので
ジュースでもオッケーです。

 

坂上太一氏の「酒豪になった極意」
くわしいレビューは⇒ 【坂上太一・酒】下戸な私が酒豪になった極意の口コミと効果【ネタバレ公開】

関連ページ

酔いを回復させる飲み物は?
坂上太一氏の「下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意」。秘密のサプリの効果や本音の口コミをネタバレ公開。お酒に強くなるミニ知識をお届けします。酔いを回復させる飲み物は?
二日酔いの予防・解消に効く食べ物は?
坂上太一氏の「下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意」。秘密のサプリの効果や本音の口コミをネタバレ公開。お酒に強くなるミニ知識をお届けします。二日酔いの予防・解消に効く食べ物は?